COVID-19(コロナ)のドライブスルー検査に行ってきた アメリカ

COVID number アメリカ生活

はじめに 背景

最近第〇派とか言われCV19の患者が世界的に増えてますよね

アメリカも相変わらず世界で一番多い感染者のままです

しかし、個人的にはそれはコロナの検査が簡単に行えるから、

無症状の状態でも陽性判定ができるからでは?と思ってます

身の回りで起こってること

最近私が勤める会社でも以下のようなことが起こっています

ケース1

消防士である旦那さんが署の定期検査でコロナ陽性(無症状

もちろん同居している彼女Aも濃厚接触者となり

無症状であるが検査へ 結果陽性

ケース2

高校生の子供の体調不良でコロナ検査へ 陽性判定

濃厚接触者の彼Bも検査受ける 無症状であったが 陽性

自宅でキットを使ってやるパターンもある!

アメリカだとこういうのも販売されてます(知りませんでした)

調べてみると日本でも販売されてるんですね

調べてみると 下の2種類がよさそうでした(日本のほうが充実!!)

コロナドライブスルー検査に行ってみた 結果陰性

準備 事前予約が必要な場合があります

Georgiaの場合は以下のサイトです

(怪しいサイトではないので、ご安心を)

Georgia — CORE

住んでる地域によって予約(Webサイト、電話)が不要だったり、

10-15分の待ち時間で予約不要だったりするようです

行ってみた!!

まさに、ニュースでみるあの光景ですよね?

幸い待ち時間もなく、すぐにしてもらえました。

どうやってするのか

1.車で乗り付けて、CV19の検査をしてほしいと言う。

「I want to get tested for COVID」と言えばOK

2.必要事項の記入

氏名、住所、電話番号、メールアドレス、症状(無症状でOK)

近くにCV19の人がいたか等のアンケート +免許書で本人確認

3.いざ テスト 自分でするんかい!?と思いました(笑)

対応してくれた方がマスク2重、フェイスシールドでさらに低い声で

非常に聞き取りにくかったです。

袋を渡されます

窓を10㎝ぐらい開く状態になるまで閉める

マスクを外す

4.今度こそ いざ!!

袋の中を開けてすべて取り出す。

下記の綿棒の長いやつを取り出して、

自分で鼻の中へ突っ込む!!

入れるのは切れ込みがあるところ(赤線のところ)まで

注意点 鼻の粘膜に当たるようにグリグリする

    片鼻10秒づつ 両鼻を1本の綿棒で

両方終わると写真上のシリンダーを開けてその中に入れる

 入れる途中で切り込み(赤線)で折る!!

 シリンダーの蓋を閉めて、振る

 もらったバックに戻して10㎝の窓の隙間から外の方に渡す

以上!!  だいたい到着から5分ぐらいです

結果は? こうやってくる

テストのときには遅くとも3日で来ると言われましたが、

実際には24時間程度でメールできました。 

その結果がこれ!

最後に まとめ

受けに行くまでは症状がなければ・・・とか

ちょっと怖いな・・・とか

思っていましたが、実際行ってみると

痛みもなく簡単に検査してもらえました(自分でした?)

もし少しでも不安な方、行ったほうがいいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました